• 最新まつげ情報ブログ

最新まつげ情報ブログの最近のブログ記事

しっかりした手入れでまつげをボリュームアップ

顔の印象の大部分は、目元が決めると言われています。世の女性がマスカラやアイライン、アイシャドウを塗ったり、付けまつげを付けたりといったアイメイクを重視しているのも、こういった理由からです。中でも、まつげは眼力を決める要素の一つであるため、相手に自分の顔を良く見せるためにはまつげの手入れをキチンとすることがポイントです。

まつげは、長くフサフサとしていると目が大きく、眼力があるように見えます。反対に、短く量が少ないまつげだと、眼力が弱く見えてしまい印象深い目元になりません。では、まつげを長く、量が多く保つためにはどうすればいいのか? それには、まつげの美容液を使うことがオススメです。髪の毛を美しく保つためにトリートメントをしている人も多いと思いますが、それと同じ感覚でまつげ美容液を使う習慣をつけるのです。特に、頻繁にマスカラやホットカールを使う人は、まつげが傷みやすいので美容液で毎日ケアをするようにしましょう。

ただ、まつげ美容液は目元に使うということで、他の化粧品と違い低刺激の素材で作られているため、保存方法をしっかりと守らないとすぐに傷んで使えなくなってしまいます。また、アイメイクを落としていなかったり、まつげ美容液を使った後に化粧水をつけてしまった場合には、副作用が起こる場合があります。まつげ美容液使用前後は、顔に何もつけていない状態にしましょう。

まつげの手入れはついつい忘れてしまいがちですが、人と差をつけるためには一歩進んだケアをすることが大事です。さっそくはじめてみましょう。

一重、奥二重のアナタも目元がパッチリ!付けまつげの上手なつけ方

目が小さかったり、腫れぼったかったりしてなかなか理想の目元にならない……こういう悩みを持っている人は多いと思います。そんな悩みを解決するアイテムがつけまつげ! しかし、慣れていない人にとってはつけ方が難しく感じたり、せっかくつけたのにすぐ取れてきてしまうときがあります。ここでは、初心者さんでもつけまつげを上手につけることができる方法を教えます。

 まず、最初にアイシャドウを塗ります。つけまつげをつけ終わった後にシャドウを使うと、つけまつげの上に粉が乗ってしまうときがあるので、先に済ませてしまいましょう。

 次に、アイラインを引きます。ポイントは、ラインを太めに引くこと。ラインが細いと、つけまつげと目の間の隙間が目立ってしまい、見栄えが悪くなってしまいます。理想の目の形にするためには、自分の目の形を無視してラインを引くようにしましょう。まだ慣れてなく目の形を無視してラインを引きにくいという人は、最初にペンシル型のアイライナーで薄く線を引き、それに沿ってリキッド型のアイライナーでラインを引くとやりやすいと思います。

 アイシャドウ、アイライナーが終わったら、次にまつげを上げます。このとき、つけまつげの重みで自前のまつげが下がり気味にならないように、マスカラ下地を使ってしっかりと上がるように固定します。こうすることで、つけまつげをつけた後も目がパッチリと大きく見えます。
 
これで、つけまつげをつける準備段階は終わりました。いよいよつけまつげをつけるわけですが、いきなりつけるのではなく、まずつけまつげを軽く曲げ、まぶたに合わせやすくします。その後、自分の目の大きさに合うよう、つけまつげをカットします。このとき、目の大きさより少し小さめにカットするとつけやすく、自然な感じになります。つけまつげをつけるときは、専用のグルーを使用します。グルーをつけた後、少し乾かしてからつけたほうが接着力が上がります。

 つけ終わり、ある程度乾いたらつけまつげをビューラーでカールさせます。こうすることで、自分のまつげとつけまつげが馴染みやすくなります。つけ終わった後もう一度アイラインを引くことで、よりはっきりとした目元になり、さらにグルーの痕を隠す事ができます。

 つけまつげをつけるだけで、モデルのような美人顔を作ることができます。ぜひお試しあれ!

美容の仕事を目指す人へ。まつ毛スクールの選び方

メイク関係の仕事で、重要が高まっているのが「まつげエクステンション」。その需要の高さを受け、近年まつげエクステンションに関する技術を学ぶための学校が増えています。しかし、数が多すぎてどこに通えばいいか迷っている人もいると思います。学校を選ぶポイントは、大きく分けて2つあります。

 1つ目は、「どんな授業があり、またどんな資格が取れるか」ということ。学校に通う上で、1番大事な部分でもあります。専門学校では、どういった資格を取れたかが卒業後の進路に大きく影響するので、公式ホームページや資料請求するなどして徹底的に調べましょう。特に、「日本まつげエクステンション協会」(以下、JLA)が定めたアイデザイナーに関する資格が取れる所がオススメです。授業に関しては、内容はもちろんのこと講師陣も気になるところ。もしも憧れているメイクアーティストがいて、その人が講師を勤めている学校があるならそこに入学するのがベストですが、そういった人がいない場合等はJLA公認の講師が授業を行っている学校だと、確実性のある技術力が身に付きやすく、安心感もあります。

 2つ目は、「在学中や卒業後のサポート体制」です。在学中は資格試験対策にはどういったことをしているか、自主練習のための設備は万全かを調べてみて、自分が学びやすい環境かどうかをチェックしてみましょう。また、カリキュラムが自分のライフスタイルに合わせて組めるかどうかも大切です。学校によっては夜間授業があったり、自由な時間に授業を組める所もあります。

 ある程度行きたいと思う学校を絞り込むことができたら、学校見学会や体験授業に行ってみましょう。資料ではわからなかった新しい発見や、実際の雰囲気を直接感じることができます。

結婚式には付けまつげとまつげエクステ、あなたはどちら?

結婚式といえば、人生で大切なイベントの1つ。せっかくだから、いつもよりも綺麗な自分でいたいもの。メイクにも自然と気合いが入るかと思いますが、そこで疑問に思うのが、「つけまつげとエクステ、どちらを使えばいいのか?」

 つけまつげは自分でもつけやすく、上手く接着すれば一重の人でも二重に見せることができ、デカ目効果が狙えます。種類が多く、毛を長く見せたい、ボリュームアップしたい、とにかく個性的にしたいといった要望も叶えることができるはずです。ただ、つけまつげは自然とアイメイクが濃くなるため、少々不自然に感じてしまうのが難点。日頃のメイクがナチュナルな人は、抵抗を感じるかもしれません。また、挙式の最中、感動して泣いた拍子にポロリと取れるという心配も。

 エクステは、自前のまつげに直接つけていくため自然な目元を作れるというのが魅力。値段も手ごろな物が多くなってきているので、懐具合にも優しいです。しかし、取扱いが少し難しく、メイクは綿棒で少しずつ丁寧に落す、かゆくなっても目を擦らないといった約束事を守らないと、すぐに取れてしまいます。慣れていないと、まつげの違和感からどうしても触りたくなるかもしれませんが、一度取れたらつけ直すためにまたサロンへいくはめになるので注意が必要です。また、サロンによって出来栄えは様々なので、挙式前にいきなり挑戦するのではなく練習としてある程度使ってみることをオススメします。

 どちらもメリット、デメリットがあります。通っているサロンがあるなら、そこの担当の人とも相談してみると良いと思います。自分のやりたいメイク、体質を考えて方法を決めましょう。

このページの先頭へ